OMOHARAREAL

OMOHARA' CHRONICLE(オモハラクロニクル)

- INTERVIEW & COLUMNで構築するオモハラ年表 -

50's

90's

「NOWHERE」OPEN。裏原ブームが始まる
歩行者天国廃止

00's

「ルイ・ヴィトン表参道」誕生
UICHI YAMAMOTO
山本宇一氏、カフェブームの火付け役となる『ロータス』をOPEN

翌年には日本初のオープンカフェとして1970年代に人気を博した『カフェ・ド・ロペ』の跡地に『モントーク』をOPEN

KEN HASEBE
長谷部氏、渋谷区長に

現在は渋谷区で最も子供が訪れる公園「プレイパーク」、NIKEとタイアップしてリニューアルさせた「みやした こうえん」、日本トイレ大賞(昨年度国が創設)を受賞した「公衆トイレネーミングライツ事業』、そして『同性パートナーシップ条例」など、長谷部氏の功績は数え切れない

REI SHITO
シトウレイ氏、スナップ隊からハントされモデルに。間も無くフォトグラファーの才能を開花させる

シトウ氏がフォトグラファーになるきっかけを作った人物は、ストリートスナップ誌の先駆的存在『STREET』の編集長・青木正一氏

TAKANAO MURAMATSU
アートイベント「青参道アートフェア」スタート

青山通りと表参道を繋ぐ「青参道」。村松氏はこの道の名付け親であり、ここでは毎秋「青参道アートフェア」が開催される

RYUTO SHIGA
志賀竜斗氏、青山に「NUMBER A」をOPEN

「ACE HOTEL」(世界中の旅行好きを魅了しているホテルグループ)の創設者・アレックス・カルダーウッド氏から「Good small space」と賛辞を贈られたことも

Ly
ペインター・Ly氏によって、アメリカンダイナー「San Francisco Peaks」の壁に黒いモンスターが描かれる

その後もオモハラの様々な壁・ウインドウにLy氏のモンスターが描かれる

XX's

UICHI YAMAMOTO
山本宇一氏による裏表参道計画実施!?

「僕としては、表参道・原宿にはカウンターカルチャーがあってほしい。銀座や新宿でDCブランドが流行った時代に、対抗して裏原宿のカルチャーが生まれたように。だから『表参道が盛り上がったなら、次は"裏表参道"』というようなカウンター精神を持って、この計画に挑戦したいと考えています」

KEN HASEBE
長谷部健氏により原宿のホコ天復活!?

「80年代の表参道・原宿を大きく盛り上げた”歩行者天国”を復活させたい。全国から人が集まる大きな施設が増えるのもいいことですが、僕はカルチャーはストリートから生まれるものだと思っているので。クールスとかキングギドラとか、山本寛斎とか、身近に見てきましたからね。スターが生まれる街であり続けさせたいんですよ」

HIROYUKI KOBAYASHI
小林氏が青山通りをカルチャーストリートに!?

「青山通りをカルチャーストリートにできないかと計画しています。渋谷からアートを見ながら歩いていくとオリンピック会場に辿り着く、そんな動線を作りたいんです。ちょっと脇道に入ると、倉庫やテントの中で、まだ評価されていない若い才能のアートが楽しめる…青山通りをそんな道にしたい」

MASAMICHI TOYAMA
遠山氏がブラック青山にバーをOPEN!?

「若い頃、いつかあのビルの上にあるバーでお酒を飲みたいと思っていたのに、いつの間にかなくなってしまっていました。なので『きっとこんなバーなんだろうな』と当時妄想して思い描いていたバーを、自分で再現したいですね」

TAKANAO MURAMATSU
ラフォーレ原宿が世界遺産に!?

「日本の斬新な若者文化を発信し続けている場所という意味でも、十分に文化的な価値があると思います。建物が次々と生まれ変わっていく街ですが、ラフォーレ原宿は取り壊されないよう世界遺産に認定させて、伝説の場所としてずっと残っていてほしいんです」