表参道 & 原宿(オモハラ)のインフォメーションメディア

OMOHARAREAL

身体と意識(Body & Conscious) -脳の未来を科学する-

■日時:2018年8月7日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
■会場:VACANT 2F
■チケット:Adv ¥1,500 / Door ¥1,700 (1Drink込み)
Reserve

脳科学の発展がもたらす未来の人間社会とは

8月7日(火)19時から、原宿のVACANTで脳科学者の茂木健一郎氏と渡辺正峰氏の対談が行われる。

『未来のどこかの時点において、意識の移植が確立し、機械の中で第二の人生を送ることが可能になるのはほぼ間違いないと私は考えている』 渡辺正峰『脳の意識  機械の意識』より

機械と人間の距離感がかつてないほど近づきつつある現代社会において、2017年に発刊された「脳の意識 機械の意識」の著者、渡辺正峰氏は私たちの想像でしかなかったSFシーンを、必ず訪れる未来として明言した。「意識」という存在そのものに未だ解明されていないメカニズムが多く、移植の実現までにはまだまだ時間を要することが予想されるが、映画や漫画のなかで描かれてきた機械と人間の夢物語を実現するための科学技術は、今この瞬間にも着実に進歩し続けているという。

「意識」への挑戦の重要性を示し、かつ解明された先のまだ見ぬ未来の検証に挑んだ脳科学者の渡辺正峰氏、そして渡辺氏と同じように「クオリア(感覚質)」を鍵として脳の解明に取り組み続けてきた脳科学者の茂木健一郎氏。二人が脳科学の発展がもたらす未来の人間社会の可能性について語り合う本対談で、人間社会の青写真を思い描いてみてはいかがだろう。

>>EDITOR’S VOICE
2人の話に感化されて熱が冷めやらない時は、酒でも飲み交わしながら友人と思う存分語り尽くすのもありだろう。近くの鶴亀樓では日本酒36種類が楽しみ放題なので、お酒に強い方はぜひ。


※当日は会場にて書籍の販売を行いますが、サイン会などのイベントの併催は御座いませんので予めご了承下さい。

Profile
渡辺正峰
1970年千葉県生まれ。1993年東京大学工学部卒業、98年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。98年から2000年にかけて東京大学大学院工学系研究科部助手、2000年から同助教授、カリフォルニア工科大学留学などを経て、現在は、東京大学大学院工学系研究科准教授および独国マックスプランク研究所客員研究員。専門は脳科学。共著に『理工学系からの脳科学入門』(東京大学出版会、2008年)、『イラストレクチャー認知神経科学』(オーム社、2010年)など。

茂木健一郎
脳科学者、作家、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究する。2005年『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞、2009年には『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。主な著書に『脳とクオリア』(日経サイエンス社)など多数。

INFORMATION

終了しました。

VACANTで脳科学者の茂木健一郎と渡辺正峰による対談「身体と意識」が開催

住所
東京都渋谷区神宮前3-20-13
電話
03-6459-2962
営業時間
8月7日(火)
OPEN 18:30
START 19:00
定休日


次の記事

INSTAGRAM

TOP REAL ESTATE TOP REAL NAVI TOP INTERVIEW COLUMN REVIEW NEWS EAT&DRINK SHOP GUIDE