表参道 & 原宿(オモハラ)のインフォメーションメディア

OMOHARAREAL

NEWS エスパス ルイ・ヴィトン東京でベルトラン・ラヴィエの展覧会が開催
ルイ・ヴィトン表参道ビル7階に広がるギャラリー、エスパス ルイ・ヴィトン東京でフランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエを招いた展覧会「Medley」が開催される。

ベルトラン・ラヴィエ「Medley - Works from the Collection」
■開催期間:2018年04月19日 - 2018年09月24日
■開館時間:12:00-20:00
■入館料:無料
■会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京(東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7階 )
芸術的解釈を揺るがす作品たち
4/19(木)から エスパス ルイ・ヴィトン東京で、フランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエを招いた展覧会「Medley」が開催される。

ベルトラン・ラヴィエは、芸術様式のカテゴリーを横断し、多様な作品を生み出すアーティスト。本展では、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンに所蔵される7点の作品展示を通して、ラヴィエに特徴的なさまざまなスタイルとカテゴリーが楽しめるようだ。

「ファン・ゴッホ風」絵画テクニックによる《Atomium》(2007年)や、レディ・メイドをユーモアと冗談を込めて解釈した《La Bocca sur Zanker》(2005年)を含む今回の展覧会は、絶えず進化を続け、解釈、置き換え、転化の戦略を用いた実験に挑むラヴィエのユニークな才能を垣間見えるはず。他にもネオンを用いたインスタレーション《Empress of India II》(2005年)や、アクリル画の《Walt Disney Productions 1947–2013 No 2》(2013年)、クロムメッキを施した彫刻作品の《Ibo》(2008年) など、ジャンル、原理原則、素材がミックスされたラヴィエの芸術的手法によって生まれる作品は、私たちの物の見方や慣れ親しんできた芸術の解釈方法を揺るがし、大きなインパクトを残してくれるだろう。

Photo credit
1枚目:EMPRESS OF INDIA II 2005 © Adagp, Paris 2018
2枚目:LA BOCCA SUR ZANKER 2005 © Adagp, Paris 2018
3枚目:WALT DISNEY PRODUCTIONS 1947-2013 N°2 2013 © Adagp, Paris 2018
4枚目:PAYSAGES AIXOIS 2014 © Adagp, Paris 2018
5枚目:ATOMIUM, DETAIL N°10 2007 © Adagp, Paris 2018
6枚目:BIRKA 2007 © Adagp, Paris 2018
7枚目:IBO 2008 © Adagp, Paris 2018

INFORMATION

エスパス ルイ・ヴィトン東京でベルトラン・ラヴィエの展覧会が開催

住所
東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7階
電話
03-5766-1094
営業日
2018/4/19-9/24
12:00-20:00
定休日
不定休


MAP周辺の物件をCheck

この記事に関するコメント


INSTAGRAM

TOP REAL ESTATE TOP REAL NAVI TOP INTERVIEW COLUMN REVIEW NEWS EAT&DRINK SHOP GUIDE