表参道 & 原宿(オモハラ)のインフォメーションメディア

OMOHARAREAL

NEWS VACANTでアートディレクター大類信の新作セラミック作品展が開催!
パリ在住のアートディレクター・大類信による新作セラミック作品の展覧会「MAKOTO LATEST CERAMIC WORKS」が、原宿VACANTで開催される。昨年11月にパリの人気ブックショップ「0fr.」 で展示された作品に最新作を加えたセラミック作品が登場するほか、パリでの展示に合わせて出版されたブック「MAKOTO CERAMIC WORKS」も販売される。

「MAKOTO CERAMIC WORKS」
■会期:2018年2月2日(金) - 25日 (日)
■時間:12:00 - 20:00 (会期中無休)
■会場:VACANT (東京都渋谷区神宮前 3-20-13)
■入場料:無料
音楽誌に名を刻むアートディレクターがつくる陶器とは
2/2(金)から、 パリ在住のアートディレクター・大類信が制作する新作セラミック作品の展覧会が原宿VACANTで開催される。

大類は音楽誌・ロッキング・オンの創刊当初から誌面デザインに携わり、独創性豊かな装丁とエディトリアルデザインで多くのファンを虜にした偉大なアートディレクターだ。2006年からパリに住み移り作陶を始めた彼の作品は、独特の歪みを持った形状、土と釉薬で織り成す色彩、時折描かれる自然モチーフの絵柄、そのどれもが異彩を放つ。表現の地平を広げる大類のセラミック作品たち。その世界観は作陶10年を迎えますます深まりをみせている。

今回は昨年11月にパリのアーティストたちが集まるブックショップ「0fr.」 で展示された作品に最新作を加えたセラミック作品が登場する。パリでの展示に合わせて出版されたブック「MAKOTO CERAMIC WORKS」も会場にて販売されるので、ぜひこちらもお見逃しなく。

「MAKOTO CERAMIC WORKS」
価格:3,900円 (税別)/限定150部 /サイズ: 370 x 270mm/発行:0fr.

Makoto Orui / 大類信
1970年代最初期から雑誌「rockin’on」のデザイナーとして活動しながら、Fiction inc. Tokyoを主宰し、アートディレクション・編集・出版 、アートブックや映画のディストリビューション、ギャラリー&クラブ 「THE deep」の運営を経て、2006年からパリに在住。2007年からパリにて作陶を開始する。

"今日、デザインだけを本業としないデザイナーの存在は決して珍しい存在ではなくなっているが、それがまだ珍しかった時代から淡々と活動をし続けているのが大類信であった。"(『idea 363 March, 2014』誠文堂新光社)

INFORMATION

VACANTでアートディレクター大類信の新作セラミック作品展が開催!

住所
東京都渋谷区神宮前3-20-13
電話
03-6459-2962
営業日
12:00 - 20:00
定休日
会期中無休


MAP周辺の物件をCheck

この記事に関するコメント


INSTAGRAM

TOP REAL ESTATE TOP REAL NAVI TOP INTERVIEW COLUMN REVIEW NEWS EAT&DRINK SHOP GUIDE