表参道&原宿のWEBメディア

OMOHARAREAL

「THE FLOW OF TIME」
■期間:2018年10月20日(土)~2018年10月27日(土)
■会場:polygon 青山

グランドセイコーの思想を全身で体感!
(2018/10/03)

セイコーウオッチが、「DESIGNART TOKYO 2018」の公式プログラムとして、ミラノデザインウィーク2018発表のインスタレーション「THE FLOW OF TIME」東京展を10月20日(土)より27日(土)までpolygon 青山にて開催する。

<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ・美しさ・見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきた。ミラノデザインウィークへの出展にあたり、株式会社TRUNK の桐山登士樹(きりやまとしき)氏をプロデューサーに迎え、クリエーターには、多彩なジャンルで活動を展開するデザインスタジオTAKT PROJECT(代表吉泉聡(よしいずみさとし)氏)、ストーリー性の高い映像表現に定評のあるCG ディレクター阿部伸吾(あべしんご)氏を起用。

TAKT PROJECT のインスタレーション作品「Approach to TIME.」では、形状の異なる12体の透明なオブジェに、それぞれ200 以上からなるスプリングドライブの時計部品を封入。またたく光の粒をまといながら浮遊する時計部品は、一体ごとに形を変えていくオブジェの中で、徐々に組みあがり、時計として動き始める。整然と並ぶオブジェの背後には、時のうつろいを情感豊かに描く映像を圧倒的な迫力で投影た。映像には、太陽や天体の軌道、降り散る花びら、水紋など、日本人が古来愛おしんできた「流れていく時」と自然美への憧憬とともに、日本の「今」を感じさせる情景も織り込んだ。オブジェと背後の移ろう情景が一体となり、普遍的でありながら常に新しい美の世界が眼前に展開される。また、阿部氏の映像作品「Kizamu / Nagareru」では露光技術を自在に操り、舞い落ちる木の葉、木々にかかる雨などを通して、刻む時と流れる時の対比をエモーショナルに表現した。

ミラノデザインウィークにおいて、本展は一般の来場者のみならずメディア、デザイン関係者から高い評価を獲得し、「Approach to TIME.」は、DSA 日本空間デザイン賞 2018 金賞およびSDA 賞(第52 回日本サインデザイン賞)銀賞を受賞。東京展では、ミラノ・トリエンナーレ美術館での展示環境を可能な限り再現するとともに、映像に新たなセクションを加えアップデートしています。高い精度と美しさを両立させたスプリングドライブと、「時の本質に迫る」グランドセイコーの思想を体感するインスタレーションである。

>>EDITOR’S VOICE
1960年より、腕時計にこだわりを持ち続けてきたグランドセイコーだが、同じく北青山3丁目にある「blinc vase」は、”眼鏡”にこだわりを持つお店。提案から修理までをワンストップで行ってくれるのも魅力的。質とデザイン両方にこだわった眼鏡が欲しいは、ぜひ訪れてみて欲しいお店です!


■クリエイターについて

・TAKT PROJECT
デザインスタジオ(写真© Masayuki Hayashi)
吉泉聡を代表に2013 年設立。DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」多様なプロジェクトを展開しているデザインスタジオ。実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノデザインウィーク、デザインマイアミ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、香港M+ など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。その研究成果をベースに、様々なクライアントとコラボレーション、プロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。

・阿部 伸吾
CG ディレクター/デザイナー
1981 年生まれ。東北芸術工科大学にてメディアアートを学ぶ。卒業後ビジュアルデザインスタジオWOW に所属。CG デザイナー、アニメーター及びディレクターとして広告に携わる。その後多くの作家とのコラボレーションの中で、映像のみならず映像投影に関わる空間演出、インタラクティブ作品、インスタレーション、さらにはファッションショーや舞台における映像演出など、メディアの形にとらわれない作品を多く手がけている。

INFORMATION

グランドセイコーが、ミラノデザインウィーク出展のインスタレーション「THE FLOW OF TIME」をpolygon 青山にて開催

住所
東京都港区北青山3-5-14青山鈴木硝子ビルB1
電話
営業時間
10:30〜19:30
定休日
会期中無休
35.66636600000000000000 139.71328700000000000000


次の記事

INSTAGRAM