表参道 & 原宿(オモハラ)のインフォメーションメディア

OMOHARAREAL

Selected Art Fair 2018「蒐集衆商」
■日程:2018年10月20日(土)〜2018年10月22日(月)、2018年10月25日(木)〜2018年10月28日(日)
■時間:11:00〜20:00
■会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)

目利きの選ぶ”美しいものたち”

2018年10月20日(土)〜10月28日(日)の期間、スパイラルガーデン(スパイラル1F)にて、クリエイティブ業界屈指の “目利き” が選ぶ、セレクテッドアートフェア「蒐集衆商(しゅうしゅうしゅうしょう)」が開催される。


スパイラルは、アートを日常生活に取り入れることを目指し、美術作品を気軽に買えるアートフェアとして昨年リニューアルを実施。 本フェアは「蒐集する悦び」「コレクションの魅力」に焦点を当て、クリエイティブ業界屈指の“目利き” や、 現代アートシーンを牽引するギャラリーがセレクトした、質の高い、美術作品や骨董、本、工芸など多岐にわたる「美しいもの」を展示・販売。


セレクターには、「Soup Stock Tokyo」や「PASS THE BATON」で知られる遠山正道氏や、minä perhonen代表・皆川明氏など、クリエイティブ界から豪華なメンバーが揃う。タイトルには、蒐集を愉しむ衆(=目利き・コレクター)による商いであり、ショーであるという意味が込められている。 本年は、全国よりギャラリーが集結し、国内外の作家による現代美術作品をはじめ、古美術、希少な北欧工芸など、暮らしになじむ多種多様なアートピースが会場を彩る。本フェア、過去には10,000名を超える来場者を記録したそう。アート好きやコレクターはもちろん、アート初心者にもぜひ「厳選されたコレクション」を楽しんで欲しい。


>>EDITOR’S VOICE
「蒐集衆商」で”美しいもの”を見たあとは、”美しいもの”が欲しくなるかも?スパイラル2Fにある「スパイラルマーケット」にはハイセンスな雑貨が揃っているので、ぜひチェックしてみて。


[前期]
・AKIKO TAMADA
・ギャラリー北欧器(東京)
・TS4312(東京)
・t.gallery(東京)
・版画工房 エディション・ワークス(東京)
・YUKI-SIS(東京)
・Yoshimi Arts(大阪)
・LAD GALLERY(愛知)
・Röntgenwerke AG(東京)
[後期]
・アルテクラシカ by 石黒ギャラリー(東京)
・hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
・Gallery IRRITUM Tokyo(東京)
・CRISPY EGG Gallery(神奈川)
・Satelites ART LAB.(東京)
・SNORK modern and contemporary(山梨)
・鳩ノ森美術(東京)
・北欧家具 talo(神奈川)
・MUSTAKIVI(愛媛)

■セレクター
・木田隆子
エル・デコ ブランドディレクター
ファッション誌やライフスタイル男性誌の創刊にかかわり、その編集長に就いたのち、2005年12月より『エル・デコ』編集長に就任。2014年7月より現職。『エル・デコ』がオフィシャルメディアパートナーをつとめる「ジャパンクリエイティブ」のディレクターも兼務。
・小林恭+マナ
設計事務所ima(イマ)
1998年設計事務所イマを設立。物販、飲食のインテリアデザインを主軸にプロダクトデザイン、住宅建築、展覧会の会場構成なども手掛けている。場所やブランドを活かしたコンセプトづくり、使いやすさや機能性の向上の中にバランス感覚やユーモアを織り交ぜたデザインを追求して設計活動を行っている。主な仕事に「マリメッコ」の日本や本国および世界の主要都市の店舗をはじめ、「ラプアン カンクリ」のフィンランド・ラプア店、「ファミリア」代官山店、中川政七商店が手がけるお土産物店「日本市」、「イル ビゾンテ」日本の全店など。前回や今回の蒐集衆商をはじめ、スパイラルの会場構成も数多く手がける。
・住吉智恵
アートプロデューサー、ライター
東京生まれ。慶応義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業。1997年より美術ジャ ーナリストとして活動。オルタナティブスペース「TRAUMARIS」主宰を経て現在各所で現代美術とパフォーミングアーツの企画を手がける。子育て世代のアーティストとオーディエンスを応援するプラットフォーム「ダンス保育園!!実行委員会」代表。バイリンガルのカルチャーレビューサイト「RealTokyo」ディレクター。
・遠山正道
株式会社スマイルズ 代表取締役社長
1962 年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、1985 年三菱商事株式会社入社。2000 年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、ネクタイ専門店「giraffe」、セレクトリサイクルショ ップ「PASS THE BATON」、ファミリーレストラン「100 本のスプーン」、コンテンポラリーフード&リカー「PAVILION」、海苔弁専門店「刷毛じょうゆ 海苔弁山登り」を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。近著に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるというビジネスモデル-PASS THE BATON の軌跡』(弘文堂)がある。
・matohu
デザイナー 堀畑裕之 関口真希子
「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに2005年に設立。 翌年より東京コレクション・ウィークに参加し、日本の歴史やコンセプト、伝統技術などを駆使した作品を発表。現代日本のファッションデザインを代表するブランドとしてプレスや海外のメディアから、高い評価を受けている。またスパイラルや金沢21世紀美術館や熊本現代美術館などでの展覧会も多数行なっている。
第二十七回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。
・皆川明
minä perhonen 代表、デザイナー
1967 年東京生まれ。1995 年に「mina(現 minä perhonen)」を設立。国内外の産地と連携しながら精力的にテキスタイルの開発に向かい、Kvadrat 社(デンマーク)や KLIPPAN(スウェーデン)などにデザインを提供。ダンス公演の衣裳や舞台美術、また金沢 21 世紀美術館などスタッフユニフォームデザイン、イタリアの陶磁器ブランド Richard Ginori 社のコレクションへのドローイングや新聞・雑誌の挿画も手がける。2018 年春、瀬戸内・豊島と京都にオープンした宿に、デザインやディレクションで参加するなど、宿を含めたホスピタリティのデザインへも思考を深めている。

 

INFORMATION

遠山正道氏などアートの目利きが選ぶ、セレクテッドアートフェア「蒐集衆商」が、スパイラルにて開催

住所
東京都港区南青山5-6-23
電話
03-3498-1171
営業時間
11:00-20:00
定休日


次の記事

INSTAGRAM

TOP REAL ESTATE TOP REAL NAVI TOP INTERVIEW COLUMN REVIEW NEWS EAT&DRINK SHOP GUIDE